1. HOME > 
  2. プレートフィンチューブ

プレートフィンチューブ

プレートフィンチューブ

プレートフィンチューブとは?

プレートフィンチューブは各種材質のパイプとフィンのを組み合わせが可能なフィンチューブです。フィンは金属の薄板に千鳥又は並列に等間隔の穴が開いており伝熱管に専用プレス機(プレーフィンマシン)で圧入されています。
プレートフィンチューブは主として熱交換器完成品に用いられます。

 

パイプ フィン
  • 炭素鋼鋼管【SGP・STPG・STPT・STB】
  • 配管用ステンレス鋼管【SUS304・SUS316・SUS316L】
  • 銅管・チタン・他特殊金属
AL・SPCC・SGCC・SUS304・SUS316・SUS316L・CU・他特殊金属

 

プレートフィンチューブ

■高精度プレートフィンエレメント


 フィンピッチ誤差は3000mmの有効長で3mm以下を可能としました。
 設計能力の要である伝熱面積通り、正確に製作します。

 弊社ではプレートフィン製造機を独自開発しています。
従来、油圧で行っていたフィン圧入方法を高性能サーボモーターを使用、NC制御に0.1mm単位でフィンピッチのコントロールしております。

フィンピッチが均等でなく、また圧入の際にフィン割れを起こしているプレートフィンエレメントは通風で隙間が生じ寿命が短くなります。

【ステンレス製プレートフィンチューブ】

チューブ、フィンともにALL SUS304製のプレートフィンチューブです。
食品、医薬品製造プロセスラインの空気加熱や溶剤、有毒、腐食性ガスなど含む溶剤回収装置の熱交換器(プレートフィンヒーター/プレートフィンクーラー)として製作されます。
溶剤、ガスの濃度によりアルミフィンを使用し伝熱面積を軽減しコストダウンを図ります。

プレートフィンチューブ

【プレートフィンチューブエレメント】

コンプレッサーの排気温度低減など、高圧、圧縮空気の冷却に使用されます。
本エレメントカセット式となり、丸胴(タンク)内に内蔵されメンテナンス、交換が容易な構造となっています。弊社技術のアイディアが活かされた製品です。

プレートフィンチューブ

【オールチタン製プレートフィンチューブ】

チューブ、フィンともにチタニウム製のプレートフィンチューブです。
硬い材質ですが、新型プレートフィンマシン使用でフィンピッチの安定、バーリング割れなどが起きません。
金属チタニウムは熱伝導率はステンレスなみですが、優れた耐食性を持ち耐食性を求められる特殊な環境での産業設備に適しています。

プレートフィンチューブ

プレートフィンヒーターエレメント【熱媒ヒーター】

大型の塗工機、乾燥機用のプレートフィンヒーターエレメントです。
エレメント部がカセット式となり機器に組み込まれヘッダー部は機器外に露出した状態で使用されます。
各機器の用途に合わせた設計が出来、乾燥機メーカ-設計者様のあらゆるご要望にお応えします。

プレートフィンチューブ