1. HOME > 
  2. 多管式熱交換器       シェル&チューブ式熱交換器

多管式熱交換器       シェル&チューブ式熱交換器

多管式熱交換器       シェル&チューブ式熱交換器

多管式熱交換器 【SHELL & TUBE TYPE HEAT EXCHANGER】

液体×液体の熱交換器は主にプレート式と多管式(シェル&チューブ)の熱交換器を用いられます。
多管式熱交換器による液体同士の熱交換はシステム的にも簡単でトータルコストが一番低くなります。

設計製作においては、既存の設備へ簡単に組み込める構造にて調整致します。
チューブ内の流体は、蒸気も使用可能です。

多管式熱交換器の構造は円筒形の胴体(シェル)があり、その中に伝熱管(チューブ)と呼ばれる細い伝熱管が、複数本入っています。
伝熱管(チューブ)の内側と外側に異なる温度の流体を流す事で、熱交換が行われます。
構造は単純ですが、多管式熱交換器には、仕様条件、用途により押さえておくポイントとなる部分があり、熱交換器メーカーならではの知識と経験を活かした専門力が必要になります。

 

多管式熱交換器       シェル&チューブ式熱交換器

多管式熱交換器【製品外観】

多管式熱交換器の外観です。

多管式熱交換器       シェル&チューブ式熱交換器

多管式熱交換器【チューブバンドル部】

多管式熱交換器の内部(チューブバンドル)です。

ページ上部の多管式交換器の胴部(シェル)を外すと写真のような状態になります。
熱交換を行う細管を束ねたものをチューブバンドルと呼びます。
写真のタイプはUタイプチューブバンドルを採用しており、チューブバンドルは抜き出ししやすい設計で交換や復旧作業時に作業が容易な構造になっています。

多管式熱交換器       シェル&チューブ式熱交換器