長年の経験により熱交換器のさまざまなトラブルに
対応いたします

長年の経験により熱交換器のさまざまなトラブルに対応いたします

創業1934年よりの経験と実績がある大阪の熱交換器メーカー「勝川熱工株式会社」はさまざまなトラブルに対応することが可能です。長年にわたり培ってきた技術力により、熱交換器のあらゆるトラブルにスピーディに対応し、解決することができます。これまでに当社で対応させていただいた、よくあるトラブルの対応事例をご紹介します。

トラブル対応ケース

性能が出ない

熱交換器の性能は設計仕様通りの流体温度、流量があることが必要です。スケールが伝熱面に付着して伝熱抵抗になったり、圧力損失となり流量が減少したりして性能が出ないケースもあります。

効果的な
対処法
運転条件が設計資料に準拠しているか確認し、入口と出口の温度を確認します。温度に問題がなければ、流量が不足しています。スケールの付着やポンプの性能低下が考えられるため、内部清掃や機器点検を実施します。
液漏れの発生

液体な熱などの影響によりパッキンが経年劣化し、シールできなくなると液漏れが発生します。熱交換器内部で液漏れが発生した場合は目視点検が困難なため、予防のために定期的なパッキン交換が有効です。

効果的な
対処法
分解検査を行い、パッキンを交換します。
チューブ内部、プレート間の目詰まり

流体に粉塵、スラリーなどが混入すると、チューブ内を通過せず、目詰まりするケースがあります。内部流路へのスケールの付着が多くなっても目詰まりを起こします。スケールとして付着しやすいシリカは、能力低下の原因となるため、流体の成分を把握する必要があります。

効果的な
対処法
シャル&チューブ式は水やエアーによる逆洗や、薬液を使用して洗浄します。プレート式は分解清掃します。
シリカ対策のスケール付着予防には、消石灰や炭酸ガスの注入が効果的です。
プレートの腐食

流体に腐食性物質が入っている場合は材質の選定に注意します。温度条件、圧力条件など異なる状況により、予期せぬ腐食が発生し、液漏れの原因となることがあります。

効果的な
対処法
プレート交換が必要ですが、運転条件を考慮した材料選定を行うことで再発の予防が可能です。

熱交換器の導入をご検討されているお客様は、以下のページからお問い合わせをお願いいたします。

当社へのお問い合わせは
こちらから